どんな感じなの?Apple純正のairpodsproと他のイヤホンを使用・比較してみた【レビュー】

AirpodsPro レビューガジェット
スポンサーリンク

iPhoneを持っていれば、必ず1度は聞いたことがある「AirpodsPro

Appleの純正と聞いてクチコミやレビューではものすごく良いと言う、高評価ばかり。

そんなに評価がいいなら欲しいと思った方も多いでしょう。

けれど、初心者の方が特に足が止まってしまう原因。

それはとにかく値段が高い

この1台で普通のイヤホンが2~3個くらい買えるほどの値段の差。

特に初心者の方や純正にこだわっていないという方は、手が届きにくいでしょう。

なので、元家電量販店の販売員だった私が実際に普通のイヤホンと純正のAirpodsProを使ってみた比較を正直レビューしてみました。

 AirpodsProが欲しい男性
 AirpodsProが欲しい男性

・よくみんなApple純正のイヤホンがいいって言ってオススメしてくるけど、どこが便利なんだろう?

・純正の AirpodsPro って実際に使ってみるとどんな感じなんだろう?

・普通のイヤホンと純正のAirpodsProでは、どれくらい差があるんだろう?

今回、誰もが一度は考える比較や使い方など実際にレビューとして大紹介していきます。

スポンサーリンク

Apple純正のイヤホン「AirpodsPro」の特徴

AirpodsPro 特徴 アイテム

「iPhoneを使っているならAirpodsProがいいよ」とよく耳にします。

実際に近くの友人や仕事仲間で合ったり、SNSやYouTubeの動画などでも紹介されていたりオススメされていたのをみたことがある方も多いでしょう。

しかし、良いと言われる「AirpodsPro」ってどこが良くて優れているのか知っていますか?

よくわからないけど純正なら大丈夫と思っている方が意外と多いです。

ここでは、AirpodsProの特徴を簡潔に紹介していきます。

souku
souku

意外と知らなかった便利な面が見つかるかもしれませんよ!!!

 

AirpodsProの特徴1:すごく優秀なノイズキャンセリング機能

AirpodsProをオススメする人が真っ先にこれがいい! と言われている「ノイズキャンセリング」。

このノイズキャンリングが、あるかないかで音楽や通話の利便性が変わってきます。

よくイヤホンをして音楽を聴いていても、周りの人の声や地下鉄やバスの音が聞こえたりしませんか?

通話の時など特に、相手の雑音が響いてよく音が聞けないという事もあると思います。

そんな音の不便さを解消するための機能が、ノイズキャンセリング

この機能があると、周りの雑音で音楽や通話を邪魔されることなくクリアな状態で聴けるので、うるさくて音が聞けないからと音量を上げたりしなくて済みます。

耳の健康にも、とてもいい機能なのでこれがあるというのは、生活のなかでより音楽や通話が楽しめますね。

AirpodsProの特徴2:感知センサーで操作が自由

ノイズキャンリングがあると同時に新たな悩みが出てきます。

それは、外部の音を聞きとりにくいということ。

例えば地下鉄などのアナウンスや人との会話の時に、いちいちイヤホンを外さないといけないのはすごく面倒臭いですよね。

けれど、AirpodsProにはいちいち外さなくても周囲の音が聞ける「外部音取り込み」機能が付いています。

イヤホンをつけたまま、ノイズキャンセリングが効いている状態でも感知センサーの部分を長押しすれば、周囲の音が聞けるようになります。

他にも音楽の曲戻しや送りなどの操作ができたり、ワンタッチで通話に応答ができたりなどすることができます。

買い物などで両手が塞がっていたり、仕事などの作業で収納がしにくいという方にはすごく便利な機能です。

この操作があるだけで、音楽を楽しみながら通話に応答できたりなど生活が便利になりますね。

AirpodsProの特徴3:汗や水に強い

イヤホンをつける時は、何も仕事や家事をしている時だけではありません。

例えば、健康や美容のために運動をしている時やトレーニングをしている時など汗を流す時にイヤホンが壊れてしまう可能性がすごく多いです。

元々イヤホン自体がそんなに汗や水に強いものではありません。

けれど、このAirpodsProは、汗や多少の水では壊れないように水に対する耐性があります。

これがあることで、これまで家や仕事場など空調が安定したところでしか使えなかったものが、運動やトレーニングなどでも使えるようになり趣味や自己研鑽などに使えるようになりました!

しかも、外にいる隙間時間や移動時間に突然の雨に濡れたとしても壊れにくくなったことで天候にも気を配らなくて良くなりました。

自分が好きな時に心配事なく音楽が聞けるということでストレスも減りました。

ただ、あくまでも防水ではなく耐水なのでもし汗や水に濡れたらちゃんと拭き取るようにしましょう!

AirpodsProの特徴4:電池持ちがいい

AirpodsProだけではなく、ワイヤレスイヤホン全てが充電式のイヤホンになっています。

この電池持ちがいいと充電の心配が減るのでここを重視される方も結構多いです。

耳につけるイヤホン部分とケースの部分の充電2つを気にする必要があります。

すると、AirpodsProだとどうなのか?

まずケースの部分だけの電池持ち時間は、24時間ほど。

イヤホン部分は、音楽だと大体5時間。

通話だと3時間半くらいと長時間音楽・通話ができることがわかります。

ケースと組み合わせると最大5日ほど人によっては電池が持つということができます。

1回使ったらすぐ充電! と焦らずに時間がある夜や休憩時間に充電できれば満充電の状態でイヤホンが聴けるというのはすごく便利です。

毎日、12時間以上聴いている人は難しいかもしれませんが、通勤や帰宅時間、昼休みやちょっとした移動時間など1日の内にちょっとした時間に聞くことが多いという方は、この充電時間はとても便利な点ではないでしょうか?

AirpodsProの特徴5:iPhoneとの相性がいい

AirpodsProを使う人のほとんどがiPhone持っている方がほとんどだと思います。

これまでのAirpodsは同じApple製品の互換性がいいということで愛用されてきました。

では、実際にAirpodsProだとどうなのか?いくつか便利機能があるみたいです。

例えば、特徴2で紹介した感知センサー。

これによっとスマホを操作せずに片手で操作ができるというところがいいところなのですが、実際に使ってみて自分に合わないなという方もいらっしゃると思います。

そんな時は、スマホでもちゃんと操作ができるようになっています。

ノイズキャンセリングのオン/オフや音量の調整などもスマホでちゃんと行うことができます。

他にも、ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの切り替えや音楽の再生・停止の時間間隔の設定ができたり、見失ったAirpodsProをiPhoneで探すこともできます。

使う人・使わない人もいるかと思いますが、ちょっと使いにくいなと思った方は、こういう風に設定をすることもできるのもAirpodsProのいいところですね。

 

airpodsproを実際に使ってみた

AirpodsPro 使い方 レビュー

従来のAirpodsから進化したAirpodsPro。

雑音や騒音がなくなってクリアな音で通話ができたり、暑い時や運動している時でも耐性ができるなど、使い勝手もすごくいい!

では実際に、使ってみるとどんな感じなのか?

イヤホンの中を見ていきましょう!

airpodspro本体

AirPodsはこれまで、縦長のもので作られていましたがAirpodsProは横長い形になっています。

 

airpodspro ワイヤレスイヤホン 形

中には、耳につけるイヤホンが入っています。

耳につける部分が今まで、カナル型と言われる平べったい形で耳に挟み込むような形のものでしたが、このproになってから、耳につける部分がゴムになりました。

1番よく使われているゴムの形での装着なので、耳に合いやすくなりました。

色も白で統一されていています。

 

airpodspro イヤホン

AirpodsProの重さや大きさはこの通り。

AirpodsProのイヤホン部分の重さ(左右)5.4g
AirpodsProのケース部分の重さ45.6g
AirpodsProのケースの大きさ(縦×横×幅)45.2mm×60.6mm×21.7

重さも大きさも、すごくコンパクトで場所を取らない形になっているので、持ち運びもすごくしやすいです。

表面は、すごく高級感がある光沢のある陶器のような感触のケースが、とてもかっこいいものになっています。

ゴテゴテとしたデザインが凝っているわけでも、プラスチックとわかるようなちょっと見た目が安く見えてしまうことがない、このちょうど良くシンプルかつ高級感があるこのデザインがAirpodsProのいいところだと感じました。

そして、ワイヤレスイヤホン全てにある充電。

ケースとイヤホンを充電しないと、音楽や通話をすることができません。

イヤホンによって、充電する差し込み口が違うのでここは購入する時などにチュックする必要があります。

 

airpodspro ワイヤレスイヤホン 充電

ケースの充電する差し込み口の形は、Lightningポートでした。

これは、iPhoneを充電する時によく使う充電ケーブルなので、iPhoneを持っている人はそのままAirpodsProにも充電することができるので別に購入する必要もないので、併用してつかるここはすごく便利ですね。

ただ、AirpodsProを購入すると一緒にある付属ケーブルを使うと、iPhoneを充電するケーブルよりももっと早く短時間で充電することができます。

これまで、四角い形の差し込み口であるUSB-A(パソコンや電源アダプタなどによく使われている形)が使われていましたが、このAirpodsProに付属されている差し込み口がAndroidによく使われているtayp-Cというものに変わりました。

C to Lightningtype-C&Lightningと言われるこの新しいケーブルの形。

このケーブルに変えると何が違うのか?

それは、従来のiPhoneの充電のケーブルよりも20倍もの早さで充電を完了することができるんです。

これまで当たり前にあった充電する時間が、技術の発達によりさらに早く短時間で充電完了することができるようになりました。

日頃、常にiPhoneの充電が間に合っていないと悩んでいる方や短時間で早く充電できるものを探しているという方は、以下のアダプタと一緒にこのケーブルを使うと悩みが解消されると思いますよ。

 

ちなみに、ケーブルを差し込むとライトの部分が光ります。

この色によって、充電の状態がわかるようになっています。

 

・ケース&イヤホン 充電中・・・赤色

・ケース&イヤホン 充電完了・・・緑色

 

もっと詳しく「何%くらい充電できたか?」を確認したい時は、iPhoneを見れば確認することができるので、充電がちゃんとできているかを確認してから使うようにしましょう。

AirpodsProとiPhoneをペアリングする方法

では、AirpodsProの形や充電するところを確認したところで、実際に音楽を聞くためにワイヤレスイヤホンにとって大切な設定。

「ペアリング」をしていきます。

このペアリングをしないと、音楽も通話もすることができないので、必ず設定するようにしましょう!

ペアリングの方法がわからないという方はぜひ、参考にしてみてください。

 

まずは、iPhone側の設定準備をしておきます。

iPhone 設定 アプリ

iPhoneに必ずある「設定」アプリ

これでiPhoneの細かい設定などをしていくので、まずはこの設定アプリを開きます。

 

iPhone 設定アプリ Bluetooth

すると、この項目があるのでこの中の「Bluetooth」と書いているある青いアイコンを開きます。

ここで、ワイヤレスイヤホンなどBluetoothを使える機器はここで設定すれば、使えるようになります。

では、この項目を開きます。

 

Bluetooth 設定

Bluetoothがオンになるように、項目の右側にあるボタンを緑色にします。

すると、Bluetoothの同期する準備ができるの、ボタンが緑色になっているところを確認しておきましょう!

それでは、AirpodsProとのペアリングを始めます。

まずは、ケースの裏側にある丸いボタンがあるので、ケースの蓋を開けた状態でこのボタンを長押しします。

 

airpodspro ペアリング方法

後ろの丸いボタンを長押ししてしばらくするとiPhoneに反応が出ます。

 

airpodspro ペアリング方法 iPhone

するとiPhoneにこの画像が出るので、この接続を押すとペアリングと同時に簡単な初期設定をすることができます。

 

簡単なチュートリアルなどもありながら、進めていくとペアリングが完了することができます。

この設定で、音楽と通話をすることができるようになりました。

ここまでの設定まで、約5分くらいでできます。

1度設定できれば、イヤホンを取り出した時に一瞬でペアリングができるので、自由に好きなところで聴くことができるので必ずペアリングを行うようにしましょう!

ノイズキャンセリングを使ってみた

では、実際に多くの人がすごく良い!と言っている「ノイズキャンセリング」を使ってみました。

実際にキャンセリングを使ってみた結果、「これは、本当にすごい!」と感じました。

クーラーや掃除機の音・車の走っている音もが消えて、まさに無音の状態ができたのです。

表現的には耳栓で完全に外野の音をシャットアウトをしている感覚。

ただ、作業をしているときのキーボードの音や自分の声はかろうじて聞こえるので、全くの無音というわけではありません。

世にゆうまさに「雑音・騒音」ちょっと外に出かけてみて、工事の音や地下鉄の音などを聴いてみました。

普段うるさくて仕方なかった音が減少されて頭痛などもなく、音楽を楽しめました。

これは、確かにすごく良いとイヤホンに特にこだわりがない私でも納得の機能でした。

ただ、同時に外に出かけた時は、車や自転車の音などが聞きにくいので、事故に会わないように気をつけないといけないかもなと個人的に感じました。

 

 

 

AirpodsProと比較してみてわかったこと【メリット・デメリット】

ここでちょっと意地悪を出してみました。

私が愛用しているTuayoo X2というAmazon値段3,000円程度のイヤホンと聴き比べなどしてみました。

音質や雑音・騒音などいろいろ比べてみて正直に個人的にではありますが、感想をお伝えしようと思います。

音質

先にお伝えしておくと私自身、音質に対してあまりこだわりがありません。

中低音や高音質・ハイレゾ対応など知識としてありますが、これといって私自身がそんなにこだわって聴いているわけではないでも、あくまでも一般的な普通の音質を求めているものとしての視点でレビューさせていただきます。

音質に関しては、特にAirpodsProだからすごくいいという風には感じませんでした。

このTuayoo X2は、Hi-fi高音質としてすごくクリアな音が聞けるのが特徴です。

よく、AirpodsProの感想・レビューを見ても音質に対してはそこまでいいとは感じないという意見が多数あります。

私もこの意見には、同意できると考えています。

ただ、違いをいうと

 

・AirpodsPro・・・音の安定さを感じる。

・Tuayoo X2・・・高い音まで聴くことができる。

 

音に関しては、対して差を感じませんでしたが音に対する性質みたいなものは、やはりAirpodsProの方が安定感があるのでさすがだなと感じです。

一方、Tuayoo X2は高い音まで聴くことができるので、安定感よりも音を高く聞きたいという方は、こちらが向いているかもしれません。

充電の持ち

充電のもちは、大体こんな感じです。

ケース最大24時間ほど
イヤホン最大4時間半ほど
充電方法ケーブル・ワイヤレス充電
AirpodsPro
ケース最大35時間ほど
イヤホン最大6時間ほど
充電方法ケーブルのみ
Tuayoo X2

これだけ見ると、対して充電のもちでどっちかが優れているというわけではないようです。

若干、Tuyaoo X2の方が長いと感じます。

逆にAirpodsProは、充電できる方法がケーブル以外でもワイヤレス充電という置くだけで充電することができるアイテムを使うことができるので、生活スタイルに合わせやすいのはAirpodsProかなという印象です。

ケーブルを探すのがめんどくさく常にワイヤレス充電器を使うという方は、AirpodsPro一択になるかと思います。

操作性

2つを見てみて、操作性のところを見ると断然AirpodsProの方が優秀です。

まず、AirpodsProだと・・・

・耳に着ける・外すという段階で自動的に音楽のオン/オフをしてくれる。

・感知センサーで反応する速度や音質を変更することができる。

・ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードなど、音に集中したい時したくない時の設定ができる。

自動的に音楽のオン・オフができたり、感知センサーの動作をiPhoneで調整できるのは、さすが純正ならではの操作性だと思いました。

そして何より、「ノイズキャンセリング」

これに関しては、「さすが」と「すごい」の一言でした。

ノイズキャンセリングすることでの、周りの車が走る音や他人の声などがほとんど聞こえなくなることで、集中して作業することができました。

一方で、Tuyaoo X2ではこういった自動的に行ってくれる設定は、ペアリングだけなのでこの「ノイズキャンセリング」機能ができるだけで、集中力が続いたり周りの人の声が気にならなくなったりなどするのでこれは素晴らしい機能だなと感動してしまいました。

 

 

 

AirpodsProを買うべき!オススメできる人・できない人

以上が私が、実際にAirpodsProを使ってみた感想と特徴でした。

いろんなレビュー記事がある中、実際にどうなのかな?と考えて思い切って買ったワイヤレスイヤホン。

AirpodsProの特徴や使い方、使ってみた感想を踏まえてオススメできる人

・周りの雑音や人の話し声が気になる

・長時間、集中して何か作業をしたい

・Appleが大好きな!

・ちょっと高級感があるイヤホンが欲しい

・自分が使いやすい様に反応など細かい設定がしたい

・ちゃんと長持ちする安心して使えるイヤホンが欲しい

airpodsproは、やはり「ノイズキャンセリング」の凄さに気付かされた素晴らしいイヤホンだと感じました。

この機能を使うことで、周りの工事や車の音・人の声などを遮断することで長時間のデスクワークの作業が集中して行えることに価値を感じました。

他にも、感知センサーでの反応速度を調整したり耳につけると音楽が再生、耳から外すと停止になるなど、ちょっとした細かい機能が行き届いています。

ケースも陶器のような高級感があるもので、ちょっと周りの目が気になるという方にもオススメできるのではと考えます。

Appleが大好き!という人はもちろん

イヤホンが欲しい男性
イヤホンが欲しい男性

長持ちして、ちょっと高級感を感じられモチベになるようなイヤホンが欲しい

イヤホンが欲しい男性
イヤホンが欲しい男性

普通のイヤホンが使いにくく感じるから、自分に合うように調整ができるイヤホンが欲しい

こんな方にも、オススメできるApple純正ワイヤレスイヤホン「AirpodsPro」でした。

ノイズキャンセリングを使うと周りの音をほとんど遮断することができます。

しかし、それによって音楽に夢中になって自転車や自動車の音が気づかない場合があります。大音量で聞かないで周りに少し気にしながら外出することをオススメします。

 

逆に私のような特にワイヤレスイヤホンに対して特にこだわりがない。

けど、ワイヤレスイヤホンでより便利に趣味の時間や作業の時間に使いたいという方で、オススメできないかも?と考える方もいます。

AirpodsProをオススメできないかも?

・Androidスマホを持っている人

・音質重視でいい音で音楽を聴きたい人

・壊れたら買い直すという使い捨てを考えている人

・細かい設定がめんどくさい人

・高いワイヤレスイヤホンを買うことに躊躇してしまう人

AirpodsProを実際に使ってみていいと思った面は沢山あります。

しかし、同時にやはりApple製品に互換性として機能できるように作られているので、大前提としてAndroidスマホを使っている方には向いていないかもしれません。

また、細かい設定をすることに対して苦手意識を持っている人や音重視で重低音を求めているなど音に対するこだわりがある方にもオススメできません。

AirpodsProは細かい設定で自分好みに反応速度を変えたりする利便性の面で優秀なワイヤレスイヤホンです。

なので、音に対しても「クリアで綺麗な音が聞こえる」というわけでもありません。

試したところあまり違いがわかりませんでした。

なので、細かい設定がどうしても苦手・嫌だという方や音がいいイヤホンが欲しい方は、あまり満足できないのではないかなと考えます。

他にも、元々AirpodsProが約20,000円くらいしてしまうので、使い捨てもしくは高額イヤホンを買うことに悩んでしまうという方は、まずは安いイヤホンから試してみた方がいいと思います。

これほどまでの高機能のイヤホンはあまりありませんが、「音楽を聴く」・「通話をする」・「どんな感じなのか試したい」という方は、私が試したこのTuayoo X2などもオススメです。

約3,000円くらいで買えるので、興味ある方はこのレビュー記事も読んでみてください。

 

airpodsproの特徴や使い方、他のイヤホンとの比較やオススメできる人・できない人まで幅広くご紹介しました。

iPhoneを持っていれば誰もが一度は興味を持つ「AirpodsPro」

高級なイヤホンを買うときは、誰もが一度は躊躇しますよね。

けれど、少しでも長持ちして使い勝手が良く見た目もいいワイヤレスイヤホンが欲しいという方に向けて参考になるように情報量モリモリでご紹介してみました。

AirpodsProは大人気アイテムなので度々、品切れ状態が起きます。

一度品切れをしてしまうと、早くても半年間くらいは待たないといけない、そんな手に入りにくい人気アイテムです。

せっかく買えるチャンスがあるなら、ぜひ購入してみてください。

ワイヤレスイヤホンがあるだけで、生活が本当に楽しくなります。

家事や趣味の時に周りの雑音に邪魔されずに、長時間集中して音楽を聴けることやわざわざiPhoneを持たなくてもワンタッチで通話ができるなど、利便性は本当に高いです。

このページで、あなたの生活が少しでも楽しく有意義なものになれば嬉しいです。

ぜひ、購入して使ってみてください!

コメント