「ソフトタイプのスマホケース」の特徴 選ぶ時のポイントと注意点をお伝えします!

ソフトタイプスマホケース 選び方 ポイント soukuブログ スマホアクセサリー
スポンサーリンク

新しいスマートフォンが販売される度に、一緒に沢山のスマホケースが出てきます。

今の時代、スマホと並行してスマホケースは欠かせないスマホアクセサリーとなっています。

現代は、様々なタイプのケースが販売れていますが、どのスマホケースを選べばいいのかって悩んでしまいますよね。

そこで、あなたのスマホケース選びが少しでも満足がいくものにするために、今回元スマホアクセサリーの販売員がスマホケースのタイプごとにそれぞれの選ぶ時のポイントと注意点を解説します。

この記事では、「ソフトタイプのスマホケース」についてご紹介しています。

ソフトカバーのスマホケースの種類や選ぶ時のポイント(メリット)、このケースの注意点などを細かく詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

損のない自分の好きなスマホケースを買うために、あなたのお買い物の役に立てて下さい。

スポンサーリンク

ソフトタイプのスマホケース 2種類をご紹介

ソフトケース 種類 TPU シリコン 特徴

ソフトタイプのスマホケースには、大まかに2つの種類があります。

・TPU素材のスマホケース

・シリコンのスマホケース

同じソフトケースでも、この2つだけでも大きく違います。

家電量販店やそれ以外の店舗、通販では実際に好みのソフトタイプのスマホケースを選ぶときに、デザインと並行としてこの表記に注目して欲しいです。

これを知っていると、素材と実際に触った時の感触などがイメージしやすくなります。

TPU素材のスマホケース

amazonや楽天でソフトタイプのスマホケースを選ぶ時に、商品の名前によく書かれている「TPU」

このTPUっていうものを知っていますか?

「TPU」とは、”Thermoplastic Polyurethane”の略省です。

そしてこれは、日本語では「熱可塑性(ねつかそせい)ポリウレタン」という素材のものになります。

プラスチックの素材の一つです。

実際に触ってみると、ツルツルしていて柔らかいゴムのような感触です。

他にもこの素材の良さはあります。

軽くて丈夫

TPU素材のソフトタイプのスマホケースは柔軟な上に軽くプラスチック素材の為、変形がなかなかしにくいものではあります。

また、ゴムのような感触の為落としたときに衝撃を吸収してくれるので、比較的安心して使うことができます。

シンプルなデザインのものが多い

この素材のスマホケースは、デザインがシンプルなものが多く形もスリムなものが多いです。

色も透明なものが多く、縁の部分が着色されたようなケースが特徴的です。

ケースを外すのが楽

他の手帳型のケースや耐衝撃のケース、ハードケースに比べると明らかにケースを外すのが楽です。

恐る恐る外すこともなければ、無理矢理外してケースが破損したということがないので、あまり力がでない女性の方や子供、ご高齢の方にも使いやすいケースになっています。

シリコンのスマホケース

上記の「TPU」素材のケースともう一つのソフトタイプ。

これが、「シリコン」のスマホケースです。

シリコンは全体的にマットな感じのものが多く、表面がサラサラしているものが多いです。

「TPU」素材のケースよりも柔らかく、マットな感じで使えるのでスマホを落としてしまいがちな人にはフィット感があって使いやすいケースになっています。

他にもこんな良さもあります。

デザインが沢山されているものが多い

上記の「TPU」素材のスマホケースに比べて、明らかにデザイン性の高いものが多いのがこのシリコンタイプのスマホケースの良いところです。

よく有名ブランドのソフトタイプのスマホケースもこのシリコンタイプのものが多く、シンプルではなくデザイン性が高いものがいいという方はこのケースが合っています。

しっかりとした形されているものが多い

シリコンタイプのケースは柔らかくつけ外しもしやすいです。

しかも「TPU」素材に比べて形がしっかりとしているため、デザイン性の高い少し形が変わったケースも多いです。

 

 

「TPU」と「シリコン」では、共通して「柔らかい素材でケースの付け外しが簡単で軽い」という共通点があります。

ただ昨今、好みによって変わりますが店舗でも通販でも「TPU」素材のケースが人気が高い傾向にあります。

シンプルで軽く安価なものを選ぶ人にとって「TPU」素材のケースはニーズに1番適したケースだと言えます。

・シンプルで軽く丈夫なものは「TPU」

・デザイン性が高く、軽く個性的なものは「シリコン」

嗜好によっては、ソフトタイプのものを選ぶときは、この2通りで選ぶといいですよ。

ソフトタイプのスマホケースの4つのメリット

ソフトタイプ スマホケース 4つ メリット

「ソフトタイプのスマホケース 2種類のご紹介」でも解説しましたが、ここでは総じてソフトタイプのスマホケースのメリットをお伝えします。

軽くて持ちやすい

柔軟性が高く軽いケースなので、スマホに装着してもケースの重さをあまり感じずに使用することができます。

手に馴染みやすい為、持った時の感触もいいですよ。

ケースの付け外しがとにかく楽

TPUもシリコンも、とにかく柔軟性が高いケースなので付け外しが楽です。

他のタイプのケースに比べて、着ける時・外す時に力を加えて外さなくてもいいので破損の心配も少なく、力の弱い女性の方や子供・ご年配の方にも着け外しができるので安心して使うことができます。

シンプルなもの〜デザイン性の凝ったものまで幅広い

スマホケースはデザイン性の凝ったものが昨今では本当に増えました。

シールや飾りなどが沢山ついたケースもよく目立ちます。

ですが、案外シンプルなタイプのケースというのは需要が少なくなっていません。

理由としては、お仕事関連が多いです。

仕事として使うのに、ゴテゴテのデザインの凝ったケースをみると違和感を感じます。

個人の好みといっても、仕事の場ではこういったケースは出しにくく、人の目が気になってしまいがちです。

しかしこのソフトタイプのケースは、TPUもシリコンもシンプルなものがとても多いのも特徴的なので、特に仕事用にスマートフォンを使うという方は、このソフトタイプのケースはとても使いやすいものとなっています。

また、自分のプライベートとして使う場合もラメが入っていたり、人気が高いブランドが出しているケースも多いです。

スマホを使うシチュエーションやデザイン、好みによって選ぶ幅がとても広いとても便利なケースになっています。

安価で手に入りやすい

TPUもシリコンもブランドものとかではない限り、一つ3,000円以上もするケースはあまりありません。

平均的に500円〜2,500円消費税込みで買えるものがほとんどです。

中には、100均で有名なダイソーや女性に人気な3coinsなどでも置いてあることが多いケースなので手に入りやすいのが1番の魅力とも言えます。

 

こんな風に、ソフトタイプのスマホケースには4つの大きなメリットがあります。

女性
女性

とにかくシンプルな可愛いケースが欲しい!

男性 
男性 

仕事用に使いやすく、安いケースが欲しい

男性
男性

毎回、ケースを外すときに壊れてしまうから、壊れないケースがいいな・・・

という方は、このタイプのケースが1番おすすめですよ。

ここは注意点!損と思ってしまう?ソフトタイプのスマホケースのデメリット

ソフトタイプ スマホケース 4つ デメリット 注意点

「ソフトタイプのスマホケースの4つのメリット」では、詳しいシチュエーションも加えて解説しました。

しかし、どの商品もどのタイプのスマホケースでも注意点は存在します。

ここでは、このソフトタイプのスマホケースを買うときに、「損した!」と思わない選方や買い物をするために予め知っておいて欲しい注意点を解説します。

それは、上記のメリットがこのデメリットをカバーするためのものでもあるので、確認もしておきましょう!

熱にとにかく弱い

TPU・シリコン両方とも熱に強くは作られていません。

夏の屋外や車内、冬の炬燵の下やストーブの近くなどに置いておく変形してまいます。

あまりの高温で放置されていると変形してしまい、変形したまま冷めてしまうと元に戻すことができなくなります。

なので、少しでも高温・高熱の場所を避けてスマートフォンを置いておくようにしましょう。

色が変色しやすい

ソフトタイプのスマホケースの中で、特にTPU素材のケースに多いのが長く使っていると色が黄色や茶色に変色しやすいと言うことです。

長持ちがしない

安価で手に入るタイプのケースですが、その代わりにとにかく長持ちがしません。

寿命は、人によって使い方が変わりますが大体1年ぐらいです。

上記の通りに熱に弱く変形したら元に戻りません。

そして、もう一つ長期間の固定もしくは状態に変形してしまい元に戻せなくなることもあります。

特にストラップなどをつけるとそのストラップの重さでケースが伸びてしまい、その1箇所がベロンベロンになってしまいます。

その他にも、ケースをつけたままだとスマホ本体にその繊維がついてしまうと言う方もいらっしゃいます。

なのでこのケースを使うときは、「使いすて」と言う感覚で使うことをオススメします。

汚れやゴミが取りにくい

TPU素材の弱点は、プラスチックのゴムのような感触です。

とても手にフィットして使いやすいケースですが、逆にゴミが取りにくいと言う弱点があります。

特に繊維のゴミや水滴が目立ち、一度汚れてしまうと元に戻すことができなくなります。

シリコンは、また別で一度擦れたり、落としたりしてしまったりした際に傷がとにかく目立ってしまいます。

またその部分が変色してしまうことも多いのでここも確認しておきましょう。

ソフトタイプのスマホケース 最後に選ぶ時のワンポイント!

ソフトタイプ スマホケース ワンポイント 選び方 ケース

ここまで、「2つの種類」「ケースのメリット・デメリット」を詳しく解説しました。

それぞれ良さや注意点があるので、これを知っておくだけでも選ぶ時のポイントが変わってきます。

ただ、このソフトタイプのスマホケースは本当に使い勝手いいので、ぜひ気に入った方はこのページを見て、あなたの好きなケースを選んでくれると嬉しいです。

他にも、「ソフトタイプのスマホケース」を買う時・選ぶ時のチェックしておくといいポイントもご紹介しておきます。

ストラップホールがあるか?

ストラップホールがあると、落下防止のアクセサリーが付けられたり好きな自分好みのストラップがつけられます。

好みによりますが、これのストラップホールがない為にケースに穴を開けたり、シールを付けてストラップの代わりのものを付けたりなどする方もいます。

ストラップホールがあるだけで、利便性が変わってきますのでぜひチェックしてみて下さい。

ワイヤレス充電器対応か?

これも使う人・使わない人が分かれますが、ワイヤレス充電器はケーブル差さずに置くだけで自動的に充電ができる便利アイテムです。

特に「Qi対応のスマホ」と「iPhone X以降のiPhone」は基本対応しています。

買って対応してなかった!ということがない様に、使う人はここをチェックしておきましょう。

ボタンの部分まで保護されているか?

ソフトタイプのスマホケースだと、ケース自体に埃や砂などを防ぐものではないので、ボタン部分まで保護されているものがオススメです。

これがあると、埃や細かいゴミが入らずボタン部分が壊れにくくなるので、画像などを見てちゃんとポイントとして提示してあるケースを選びましょう!

 

細かいところですが、今はスマホと一緒にスマホアクセサリーがすごく豊富に出てきました。

この機能やアクセサリーがあるだけでも、一気に生活が楽に快適になることもあります。

他にもいろんなタイプのケースもあるのでぜひ、参考にしてあなたの好みのいい!と思えるスマホケースをぜひ選んでください。

コメント